カートを確認
トップページへ

はんこの歴史

私たちの生活に欠かせないもの、それが「はんこ」です。人が生まれたら出生届にはんこを押しますし、契約を交わすときや書類を作成するときにも、必ずといっていいほどはんこを使用します。西洋ではサインが一般的なのに対して、はんこは東洋独特の文化です。そんな身近な「はんこ」ですが、その歴史については意外と知られていません。こちらでは豆知識として、はんこの歴史をご紹介します。

はんこの歴史

日本のはんこの歴史

日本では、いつからはんこが使われるようになったのでしょう。それを裏付ける確かな資料はありませんが、日本最古の印は、国宝にも指定されている「漢委奴国王」の金印であるとされています。純金製の王印で、天明4年(1784年)に福岡の志賀島で発見されたものです。印鑑制度がはじまったのは、大宝元年(701年)に律令制が整った奈良時代のことです。当時は公印のみで、私印の使用は禁止されていたようです。

平安時代中期〜末期には官印に代わって花押(かおう)が広まり、戦国時代では武将が私印を盛んに用いるようになりました。時代の変遷とともに、はんこは一般庶民の生活に浸透し、明治6年(1873年)10月1日には実印を捺印する制度が定められました。はんこが市民権を得た記念すべき日です。これを記念して、毎年10月1日は「印章の日」となりました。

進化したはんこ

はんこにも色々な種類がありますが、最近のはんこはとても進化しています。繰り返し使用しても刻印が欠けにくい丈夫な素材のはんこや、朱肉がなくても捺印できるシャチハタは、現代の優れた技術によって生み出されたはんこです。自分だけのオリジナルはんこを作ってバッグやTシャツに押す、といった使い方も紹介されており、多くのファンを生み出しています。

はんこ市場岡山店では、実印や認印をはじめ、カラフル印鑑、写真・絵のはんこまで、豊富な種類を取り扱っています。画像データや印刷物からのオリジナルはんこも作成できます。岡山で激安はんこ屋さんをお探しの方は、ぜひ一度ご利用ください。

Copyright HankoichibaOkayamaten
サイトマップ