カートを確認
トップページへ

印鑑の重要性

日本人の私たちにとって、様々なシチュエーション・用途で使用する「印鑑」はとても身近なものですが、一歩間違えれば人生を狂わしてしまうほどの重要性を持っています。

印鑑を使用するシチュエーション

・銀行で口座を開設する時
・学校や職場で契約を交わす時
・お金を貸す時・お金を借りる時
・家を購入する時・家を借りる時
・保険に入る時
・車を購入する時
・保証人になる時
・結婚または離婚する時

上記に挙げた以外でも様々なシチュエーションで印鑑を使用します。
印鑑を押すということは、その書類にある内容を承諾したということになりますから、印鑑を使用する時はその契約内容をよく把握しなければなりません。小さい文字で難しい言葉で書いてあるものも隅々まで読んで理解しなければ、後々困ったことになりかねないのです。
そしてそこに押す印鑑も、偽造・悪用されづらいものを選ばなければなりません。
大事な書類には、激安で均一に作成された大量生産の印鑑を使うことはないと思いますが、身に覚えのない契約をさせられないよう、注意を払わなければなりません。

印鑑は個人だけではなく、会社で使用する「会社印鑑」、法人で使用する「法人印鑑」があります。
会社印鑑・法人印鑑は、 大きく分けて「実印(代表印)」「銀行印」「認印」があります。
印鑑の種類によって、その効力は変わるので、各手続きにおいてどの印鑑が必要なのか、確認し、使い分けることが大切です。

印鑑と浸透印の使い分け

印鑑の形状の種類の中に「シヤチハタ」と呼ばれ愛用者も多い「インキ浸透印」があります。手軽に押せて、朱肉も必要がないという点が魅力です。
しかし、通常の印鑑と違い、実印登録が出来ない、公文書への使用が認められていないことが多いなど、使えない場面も多いので注意が必要です。
浸透印はゴム製のため、押し方や経年劣化が原因で、同じ物を使っても印影が変わる恐れがあり、偽造・悪用が容易なため、使えない場面も多いとされています。

しかし、認印としてなら問題ないことが多く、宅配便の受け取り、会社内で承認や確認など、スピーディーな押印が必要な場面には欠かせないため、デメリット以上にメリットがあります。公文書用に実印を使い、それ以外の場面では浸透印を使うというのも手軽な使い分けです。

はんこ市場印鑑店では、個人名だけでなく会社名やオリジナル箸袋用などの浸透印のご注文も承っています。
偽造・悪用されにくい印鑑を作成し、販売することを心がけております。岡山市で印鑑をお求めの個人から会社・法人のお客様はぜひ、はんこ市場印鑑店をご利用ください。

Copyright HankoichibaOkayamaten
サイトマップ